カテゴリー「実験」の記事

2011年10月19日 (水)

山道具屋さん、ごめんなさい

今季初の雪の路面を走行したためだろうか、山道具メーカーのサイトを開いた。
冬のアイテムに切り替わってきていた。

自分の使っているポールはライフリンクのバリアントカーボン(赤軸)だ。
ロックシステムだけはBDのフリックロックにはかなわないが、見た目すっきりでよろしい。
(アイゼンのダンゴ落しに使ってエポキシが剥げてしまったのでエポキシ接着剤で補修したり年季は入っているけれど)
仲間内でもロックシステムのトラブルがけっこう起きるけど、こいつは回転式のくせに、今までほとんどメンテナンスフリー状態だった。

しかし今夏はちょいと機嫌を悪くしていたのを思い出したので突然のメンテ。
といってもミシン油をちょいと垂らしてかる~くこじる感じで出したり引っ込めたりしただけなのだが。

やっぱり直ってしまった。
山道具屋さん、儲けさせてあげられなくてごめんなさい。
次の候補はBDのフリックロックと決めているのにまた買い換え損なってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

オプタテ山行はいつものザックで…

twitterで遊んでしまっているのですっかりご無沙汰の感があるのでたまには更新。

7月のオプタテ行き、現行の道具をパッキングするだけなので軽量化と言うよりはコンパクト化実験と言うことで友人から譲り受けて日帰り用の定番にしているLoweのSnowAtack35で行ってみた。

35の数字は最近のMaxでの容量表示ではなく、ミニマムでの容量ではないかと思うほど充分な容量。雨蓋可動式なことと本体にエクステンションがついてること、アバランチギアなどの外部ポケットがあることなどで意外なくらい収納力は大きい。

しかし問題も全くないことはなくて、エクステンションをのばした状態では荷ずれはしやすいのでパッキングにコツはいる感じ。荷ずれ防止に雨蓋は使用。フレームとウェストベルトは外したまま。

テントはモンベルステラリッジ、シュラフはノースの(過去の)定番スーパーライト、古っ!でけっしてULとは言えない装備だけど、充分収まった。幕とシュラフをどうにかすれば あと1、2泊くらいは大丈夫そう。

ウェア系もドライ素材中心にチョイス。靴がgoroのs-8でちょっとオーバースペックかも。やっぱりブーティーLが欲しくなる。トレラン系の靴でも良いのだけど、ガツガツ歩くのでなければ味がなくなりすぎる気もする。この辺はへたれULの戯れ言。

無雪期というよりは夏シーズン限定だけどこれで十分だなぁ

P7173099

P7173094

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

[実験]ほんとにつくれそうなのか試してみた - イグルー その3(とりあえず完結編)

なぜかスイッチが入ってしまったらしく、3週連続でイグルーづくりにはまってしまった。
前週とは一転、再び新雪に覆われた低山。

前の晩に前回の反省の意味も込めてネット上の動画で研究。

今回は
・居室は掘り下げる&末広がりになるので思い切って小さめのものを建設する。
・できるだけ大きなブロックで効率よく積み上げる。
・思い切ってすぼめていく。
こんなあたりに重点をおくことにした。

その上で
過去2回はブロックを積むときにすでに積んであるブロックの上面を水平に削っていたが、今回はそのままの角度を生かして積んだ。とぐろの角度をきつめにつけてやると一つ前のブロックに圧がかかり水平に削らなくてもけっこう安定して積んでいくことができた。

横の継ぎ目もあとで埋めることにしてブロックの大きさを最大限に生かした。

ひとりで切り出し、ひとりで積んだので一回に3ブロックほどづつ行ったり来たりだが、3時間あまりでとりあえず最後の1ブロック(キーブロック)をはめ込むところまでできた。自分でつくっておいて何だが、ちょっと感動してしまった。

Igloo03_01

▲直径140cm程度

Igloo03_02

▲一段目、6ブロック

Igloo03_03

▲三段目でだいたい完成を確信

Igloo03_04

▲とりあえず完成。もう1,2個ブロックを少なくしてもよさそう。我ながら感動した。

Igloo03_05

▲雪を切り出す場所と出入り口の位置関係や処理は要研究

Igloo03_06

▲寝そべって天井に向かって写した写真をパノラマ化したがうまく雰囲気が出ない。らせんを描いてブロックが積み上がっている様子はなかなか不思議な空間。

反省点は、内側の掘り下げがちょっと浅すぎたこと。出入り口を掘ったり内部を広げたりに時間がかかってしまった。

実はさらに次の週にも訪れることとなった。その様子も後日書きたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

[実験]ほんとにつくれそうなのか試してみた - イグルー その2

しばらく放置してしまったがイグルー建築実験その2。
その1の次週につくったのだが…

山仲間から今週軽くどこか行かないのとお声がかかったので軽くシューで散歩してイグルーつくって「雪焼き」して遊んでみてはと提案した。意外に人気で8人パーティーになった。

数日前に気温が思いっきり上がったので山はすっかり堅雪。高いとこはカリカリに凍っていそうだね(後述)というくらいでツボでも歩けちゃいそうな感じだった。

天気も良いので見晴らしの良いところまで軽く歩いて、設営地を決定。せっかく人数もいるからということで完成用の小さめのと未完でもパーティースペースの2基をつくることにした。

おじさんチームとアラフォーチームに分かれて試合(笑)開始。って試合モードになったのはもちろん団塊おぢさんチーム。今週こそ正当派イグルーを完成させようと思ってたのだが大きいイグルーをつくる流れになってしまった。

アラフォーチームが段取りをしているうちにおぢさんチームははや2段目に(汗)そしてさらに快調にブロックを積み上げていく…が、後半でサイロ上になってなかなかドーム上にならずに苦戦し始めた。

アラフォーチーム、後半けっこう追い上げたが、先週よりも大きいのをつくったので、いくら4人(後半は5人)がかりとはいえ、完成には至らず。それでも先週よりもそれらしい感じに。

けっこうみんな熱がはいって予定よりも当初よりも30分ほどがんばってしまった。おかげでおぢさんチームは雪の「梁」を井桁に渡して雪を積むという暴挙に出てイグルーを完成させてしまった。

イグルー(igloo)2基

▲同じような大きさに見えるが右の方がかなり大きい

イグルー風建築物内側から

▲梁に注目ww

Igloo_02_03

▲鉄板と家庭用フライパン、美味しゅうございました

大イグルーは掘り下げた底面は直径2mを超えるくらいで8人でジャストサイズ。ジンギスカンを堪能。
車に戻る途中に黒岳に行っているはずの滑りチームから携帯で駐車場にいるよと電話が入った。黒岳はキックステップもきれないくらいのカリカリバーンと化していたようで早々に撤退したそうだ。
合流して町の温泉施設へ。ジンギスカンのにおいもさっぱりとさせて帰宅。

懲りもせずイグルーその3へつづく。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

[インプレ]ソフトシェルにはまる

今シーズン購入して大正解だったのがソフトシェルジャケット。モンベルのノマドジャケット。

先シーズンまではしばらくミッドレイヤーにユニクロのマイクロフリースが定番となっていたのだが、雪がちらついているとアウターを羽織らないと雪が付着して濡れにつながってしまうのでいまいち具合が悪かった。風が出てくるとアウターが必要になり、アウターを羽織るとちょっとスペックオーバー、ピットジップも操作性・効果もいまいちだった。

数年前にソフトシェルブームになったがすっかり下火になった感があるが、そのころのソフトシェルは透湿素材のハードシェルに代わるものとしてだった。
最近方向性を変えている感じでパタゴニアなどでもガイドJKTなどミドルレイヤー的なものが結構出てきていて気になっていた。

たまたま秀岳荘に立ち寄ったら比較的手頃な値段だったので買ってしまったのだが、すっかりお気に入りになってしまった。アウターの出番がすっかり減ってしまった。また、レイヤリングシステムそのものも変わってきた。
休憩時はノマドジャケットの上にユニクロの2シーズン前のエアテックベストを羽織り、風があって寒いような場合にのみアウターを着る感じに。

風が強くなってきたりするとやはり中に着込まなくてはならない感じなので、アウターの代替には向かないが、ミドルとしての実力はULの流れ的にはあるということなのかもしれない。

アウターもパックの中にしまいっぱなしのことが多いし保温性や収納性(ポケット)はどうでも良いから夏のノースの雨具に。フードのつくりは冬用の軽量アウターにかなわないが、昔はゴア雨具をヤッケにしてたから許容範囲内。軽量化にも大いに貢献してくれている。強度のことを無視すればゴアパックライトとかの超軽量アウターにも惹かれるものがある。

袖口はパタなどは調節できるようになっているが、ノマドJKTはなにもなし。ちょっと不安だったが、デフォルトで手袋をするのでかえってベルクロなどが邪魔にならず具合がよい。

撥水性が落ちるのは心配ではあるが、雪さえつかなければ厳冬期は問題なさそうだ。

けっこう年間通して使い込みそうな予感。
インナーをジップネックにすると首筋がすーすーしなくて良さそうなのと、フードつきのモデルも試してみたい感じだ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)