カテゴリー「アウトドア」の記事

2015年9月23日 (水)

十勝連峰方面へ紅葉となきうさぎ

今朝の北海道新聞には恒例の大雪高原温泉からの沼巡りコースが紅葉真っ盛りの記事。
昨日は天気も回復基調なので十勝連峰方面へ。
とはいっても今回もピークを踏むつもりは全くなし、なので出発も8時近く、へたれハイカーの真骨頂発揮。

十勝岳温泉凌雲閣、D尾根山腹の紅葉
今年は、ウラジロナナカマドが実に良い。黄色から赤まで色の変化がしっかり出てる。

散策路の紅葉に癒される
車道終点の十勝岳温泉凌雲閣の駐車場は劇混みを予想したので、少し下の駐車スペースに車を置いて、歩く人めちゃ少ない、この時期限定で楽しめると言って過言でない散策路からスタート。
(凌雲閣の駐車場は思ったよりは混でなかった)
様子見のために一瞬立ち寄ってきた望岳台も走だったけど、凌雲閣までは来週~再来週が本気を出す感じだけど、散策路は潤った風情ある紅葉で癒された。

Img20150921_03

苔とナナカマドの紅葉
相変わらず登山道閉鎖されてる崖尾根コース側からの三段山。

お目当てのナキウサギさま、凛々しい。貯食に励んで忙しそうだった。
紅葉も目当てだけど、実は一番の目的はこの方、ナキウサギさま。
ちょっとピンが外れたけど、凛々しい。
貯食に励んで忙しそうだった。

十勝岳連峰、八ッ手岩とカミホロの紅葉
八ッ手岩とカミホロも良い感じに。
じっとしてるとやはり防寒着必要。次回からは帽子手袋も冬用のを用意しなきゃと言う感じ。
来週は赤がぐっと濃くなり、ダケカンバなんかの黄色がしっかり色づくんだろう。

おまけ
行きに通ったときにはまあ普通に車が止まってる感じの美瑛の青い池、帰路にはすごい渋滞になっててびっくりした。あんなのはじめて。今日明日や次の週末もすごいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

昨晩衝動的に決定して大雪山の紅葉を眺めに銀泉台~コマクサ平。戦争法案反対ミニプラカぶらさげながらのトレッキング。

いったいどれだけ放置していたんだと思ったら2年前のちょうど今頃だったり。

当初は札幌の日弁連の戦争法案反対デモか、それとも旭川市内の『ダムネーション』(米国のダム撤去のドキュメンタリー)を観るか…だったのだけれど、忙中閑あり、ということで昨晩9時頃になってやっぱり山へ、と決定。

そろそろ山腹も始まっているらしい紅葉を眺めに銀泉台~コマクサ平。

最初から赤岳山頂を踏むつもりなしのへたれ山ノボラーふたり。
ついでに山でもこんなんぶら下げてたり。意外なくらい他の登山者から好意的な反応があった。

Nikonp610_20150906_105508_0179_2

第一花苑、まだまだ良くなると思うけど、もう十分楽しめた。
この5年くらい冷え込みが途絶えて紅葉途中で枯れちゃうようなダメダメな年が続いていたのだけれど(場所によって良いところもあったけど、全体としてね)今年は予報からすると暑さが戻るようなこともない様子。あとは霜にやられなければけっこう良くなりそう。

Nikonp610_20150906_094124_0013

第3雪渓標高は高いのにここはいつも遅い気がする。来週末には良くなるんだろうなぁ?
来週からは紅葉時期の交通規制に突入しててんやわんやな感じになるのだろうけど、若干早い分静かに楽しめたのはなにより。

Nikonp610_20150906_110937_0201

昨日稜線はみぞれが降ったりけっこう厳しい天候だったとのこと。秋冬もの着て、登ると若干暑いかなくらいの穏やかな天気で満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金)

大雪山紅葉、中腹黄葉がぐっときてたり、山仲間の版画家まなべさんに久しぶりにあったら絵はがきたくさんいただいたり。

今朝はこの秋一番の冷え込み、けっこう気温低いと思ったけど、夕刻ラジオを聴いてたら1.2℃とかだったらしい。予報通り5℃くらいかと思っていた。低標高でも急に黄葉が目立ちはじめた様子。

山仲間からの話によれば、高原温泉もようやく見ごろになってきたらしい。ちょうど今週末(…って明日だけど)から高原温泉も交通規制で個人客はは大雪ダムからシャトルバス。この土日はけっこうかなり混雑するかも。

まだ紅葉シーズン途中なのでもう1,2週間して街を紅葉が染めないと全容はわからないけれど、今年はここ数年ではそこそこ良いかんじ。同じところにあるナナカマドがある株は赤いのにある株はまだ青々としていたり、はたまた黄色で止まって枯れ始めていたりとか、ムラがあるというか、まだら模様な感じがする。

山歩きというほどでもなく麓~中腹を観光程度にブラブラするには(上)モンベルメリノエクスペディションZIP+数年前のユニクロエアテックベスト+モンベルノマドJKTのレイヤリングが快適だった。活動量少なければ中綿ベストをソフトシェル下に挟むのって脇の下モコモコ感なくて軽快だった。

P9270088
数日前のことだが、久しぶりに版画家のまなべ茂さんとご一緒した。いままでの作品のポストカードを準備中で、ひとそろいいただいてしまった。今日はとりあえず一枚にまとめて掲載。追々ここに掲載しようかと思っている。
SPONSORED LINK

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

人柱覚悟で iPod Touch5 を iOS7 にアップデート / 大雪山冠雪

Img_3090
iPod Touch なしには生活できなくなってしまった今日この頃。
iOS7に早速アップデートしてみました。

プロセッサがA5、メモリが512MとiPhone4Sと同様のスペックのためベータ版では若干遅くなるようなレポートもあったけれど、コントロールセンターに轢かれて惹かれて人柱覚悟でアップデート。
結果は、特に遅くなった感もなく良好。
・コントロールセンターイイ!!Bluetoothのオンオフや明るさが設定を開かなくても良いのが最高。
・デザインは好みもあると思うけれど、フォントが細身になってシュッとした感じ。
・Assistive Touch はアイコンやらがちょっと大きくなっておしゃれ感は減ったかも。
・今のところ動かないアプリも見当たらない。
気がついたことがあればまた書きます。
Img_3089
昨夕黒岳冠雪、今日は旭岳その他大雪山初冠雪。
iPodしか持っていなかったので写りはご愛敬。先日の台風でも幸い紅葉がそれほど吹き飛ばされてしまうこともなく済んでいるみたい(しばらく前に無残にも一夜にして全滅した年があったからねぇ)。
昨日NHKで紅葉と残雪が同時に観られるとか放送されたようで平日だというのにロープウェイなど駐車場満車になった様子。
SPONSORED LINK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月27日 (土)

近況-富良野岳と残雪のことなど

20130721_furano01

わが家には高齢のう~さんがいて、ここしばらく体調が不安定。

なのであまり家を開けることもできず、お山の記録は書きたくても書けないでいます。
体力落とさない程度にぼちぼち走ったりなどはしているのですが、北海道マラソンのエントリーも見送っちゃったのでモチベーションもいまいち上がらず、まさにぼちぼち。
それでも先日は久しぶりに富良野岳へ。
雪融けが異常に遅かったけど、このところの異常な暑さ(5月末から6回も30度を超えるなんて!)で見た目にはだいぶ平年並みになったと思っていたが、沢すじを中心に驚くほどの残雪。
ネットであちこち巡回してまだまだ融けてないところも多いと思ってはいたが、まだまだ滑れるくらいに残っていた。実際某グループの方々がミニスキーで遊んでたしね。
今週末ならまだいけるんじゃなかろうか。
吹き溜まらないところはおおむね平年並みなんで、開花はまだら模様な感じ。
ハクサンイチゲは見頃を過ぎていたけど、開花してる種類なら最も多いタイミングだった感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

[記録]山彦の滝

書きかけにしていてしばらく前、2月上旬の話になってしまうが、丸瀬布にある山彦の滝に行ってきた。
秋に訪れたことはあったのだが、昨冬友人たちが冬に訪れ、なかなか良いということで行ってみた。

Yamabiko00
まったくの初心者をアテンドしてのスノーハイキング。

冬期通行止めの標識が手前と奥に2カ所あって、どちらを信用して良いのかよくわからない。奥まで行ってしまうのは自己責任で、ということなのかな?
Yamabiko01

小さい滝ながら水の流れているときも滝の裏に回れて楽しいのだが、冬に見たそれはみごとな氷柱だった。

近くにあるマウレ山荘でもツアーを催しているようだが、この日はちょうど開催していないため我々だけで独占。さらに奥にある鹿鳴の滝には行かなかった。

マウレ山荘はつるつるの泉質で超お気に入りの温泉のひとつ。冷えた身体をしっかり暖め帰途についた。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

[道具]ゴローS8追記

ゴローのS8に関して調べていて当blogに立ち寄っていただいている方が多いようです。

S8リフレッシュその1
http://eastend.way-nifty.com/blog/2010/02/s8-808d.html

エントリーを書いていないものも含めて、秋・冬や長期縦走の記録の一部などS8を履いた山行記録のいくつかを書いておきます。

ちなみにつれは昨年、いまいち不調だったモンベルの靴からブーティーエル(オーダー)に乗り換えてることも付け加えておきましょう。モンベルを買ったときの店員にも多少問題もあったようですが、ブーティーエルはやはりいたって快調なようです。

学生時代に後輩にもゴローを紹介したけど、いまのところ靴擦れしたやつはいないのは偶然なのかゴローのすごさなのか…

このタイミングを逃すまじ-芦別岳本谷コース
http://eastend.way-nifty.com/blog/2009/05/post-0a2e.htm

やっと山頂を踏むことができた赤岳…っていっても大雪山のではなく八ヶ岳
ttp://eastend.way-nifty.com/blog/2010/01/post-571a.html

2009-09-21 クチャンベツ登山口-沼ノ原-五色岳-ヒサゴ沼(1泊・同コース下山)
秋に同様の山行をいくつかしているけれど全く夏と変わらず使っている。

1988-09中旬~下旬 北アルプス2週間・秋のぶっちぎり縦走(テント泊、初期重量30kgオーバー)
 欅平-阿曽原温泉-仙人平-剣沢(剣岳)-雲の平-槍ヶ岳-大キレット-涸沢
 雪が降らなくても冷え込んだ日はテント内に入れておかないとやっぱり歩き出すまではキンキンに冷えた日もあった。最近のハイブリッド冬靴でもこれは同じだと思うけれど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

[実験]ほんとにつくれそうなのか試してみた - イグルー

北海道に住んでるからには一度は造ってみなければと思っていたイグルー。北極圏の民族であるイヌイット(**キモーというのは差別用語ということで最近ではすっかり使われなくなりましたね)の移動用の住居のあれである。日本で言う「かまくら」に相当するものだけれども、日常生活に使う立派な住居だ。

北海道に住んでいても、しかも山ノボラーでも、イグルーを実際に造ったことがあるという話はあまり聞かない。北大の山スキー部なんかでは利用しているようだが。

オプタテでもと思っていた先週末だったが、天気があまり思わしくないことなどから断念、どうにもすっきりしないので昼近くになったがひとりで近所の峠で建築実験をしてきた。

20100220_igloo01_m

スノーシューで3m四方程度を踏み固め。
再度ツボ足で踏み固め。
ストックをコンパス代わりにして円周をプロット(直径180cmくらい)。
円周内部をスノーソー(枝切りのこぎり270mm)とショベルでブロックを切り出して積み上げ。

動画サイトに本物のドキュメント動画があったのでとても参考になったのだが、意外に大きいけれど薄いブロックを使用していた。使っているのものこぎりではなくナイフ。

実際につくってみると大きなブロックを切り出すのは難しかったり、踏み固めた直下の雪は締まりが甘くて薄くて大きなブロックが切り出せなかったりなどいろいろと問題も発生。積み方もとりあえずはとぐろを巻くのではなく、一段づつ積んでみた。ろくに休憩もせずに5時間近く、なんだかんだ試行錯誤をしながら4段目にかかってなんとなくかたちになってきたところで時間切れとなった。あと4段目、5段目と積めば蓋をして完成しそうな感じ。

途中から多少荒れ模様になってきたのだが、立派な半雪洞となり、内部は大変穏やかだった。

▼これで2時間…
20100220_01

▼けっこうそれっぽい。出入り口は内側から開けた
20100220_02

▼ベースをこれくらい(140cm)にしても一人用なら充分な感じだった。
20100220_03

再度リベンジはいつになるかなと思っていたら、意外にも明日8人で行うことになってしまった(またもや泊まらないのだが)。もしかしたら完成させられるかも。

<反省点>
内部をドーム状に掘り下げれば面積は広がるので小さめに建設すれば良い。
踏み固めた直下は一段除去した方が良い。
とぐろ巻きの方が良い(一周した最後のブロックを納める手間が不要となるため)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

[道具]履いたことのあるスノーシュー

一昨日、昨日と週末もまたスノーシュー。今年は特に好んでというわけではないのだがスノーシューづいている。レポはのちほど。

考えてみるといろんなスノーシューを履いている。スノーシューを買い換えたり、滑りメインの友人のものがうちに集結している感じ。

下手な雑誌の特集よりも履いたことのある種類は多いかも。
タブス2モデル、MSRデナリEVOアッセント・ライトニングアッセントWomen25inch現行3本ストラップ、GV、TSL、2980円のプラスチックカンジキ

そのうちちゃんとしたインプレとは言わないまでもちょっとした感想くらい書こうかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

中鶴根山

またもや里山…

ガクアジサイが里山っぽい

しばらくぶりに中鶴根山に登った。じつは前回来たときには名前がついているのを知らなくて、21世紀の森にある展望台のあるところ、と呼んでいた。

今回はまたもやスノーシュー、今期もあまり滑ってない。夏道付近を往復。山頂にはちゃんと山頂の看板もできていた。青空も顔をのぞかせていてまずまずの天気だが少し風があって意外に寒い。

20100214_alchol

山頂で昼食。自作のアルコールストーブ第1号と風防を実戦投入してみた。カップとの距離がやや遠目だったか少し火力不足な感じ、要改良。とにかく軽量でお湯さえあれば良いような時とかテレツアーとかでの非常装備として有効。

ちょっと登ると比較的クリーミーな軽い雪だが、標高が高いところではないので下部はやはりもっさりした感じ。

20100214_jyuhyou
サルノコシカケ雪とでもいうべきか

充分に陽が高いうちに帰宅。そろそろまともに滑りたくなってきたので次週はどうしよう?と考えているうちにまた週末を迎えている。

オプタテ西尾根でもなどと思ってたけど天気が今一っぽいのと単独なのとでまたもやスノーシューになりそうな気配。明日は気が向けば実験のために近所に遊びに出るかも。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧