カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2015年9月23日 (水)

十勝連峰方面へ紅葉となきうさぎ

今朝の北海道新聞には恒例の大雪高原温泉からの沼巡りコースが紅葉真っ盛りの記事。
昨日は天気も回復基調なので十勝連峰方面へ。
とはいっても今回もピークを踏むつもりは全くなし、なので出発も8時近く、へたれハイカーの真骨頂発揮。

十勝岳温泉凌雲閣、D尾根山腹の紅葉
今年は、ウラジロナナカマドが実に良い。黄色から赤まで色の変化がしっかり出てる。

散策路の紅葉に癒される
車道終点の十勝岳温泉凌雲閣の駐車場は劇混みを予想したので、少し下の駐車スペースに車を置いて、歩く人めちゃ少ない、この時期限定で楽しめると言って過言でない散策路からスタート。
(凌雲閣の駐車場は思ったよりは混でなかった)
様子見のために一瞬立ち寄ってきた望岳台も走だったけど、凌雲閣までは来週~再来週が本気を出す感じだけど、散策路は潤った風情ある紅葉で癒された。

Img20150921_03

苔とナナカマドの紅葉
相変わらず登山道閉鎖されてる崖尾根コース側からの三段山。

お目当てのナキウサギさま、凛々しい。貯食に励んで忙しそうだった。
紅葉も目当てだけど、実は一番の目的はこの方、ナキウサギさま。
ちょっとピンが外れたけど、凛々しい。
貯食に励んで忙しそうだった。

十勝岳連峰、八ッ手岩とカミホロの紅葉
八ッ手岩とカミホロも良い感じに。
じっとしてるとやはり防寒着必要。次回からは帽子手袋も冬用のを用意しなきゃと言う感じ。
来週は赤がぐっと濃くなり、ダケカンバなんかの黄色がしっかり色づくんだろう。

おまけ
行きに通ったときにはまあ普通に車が止まってる感じの美瑛の青い池、帰路にはすごい渋滞になっててびっくりした。あんなのはじめて。今日明日や次の週末もすごいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

昨晩衝動的に決定して大雪山の紅葉を眺めに銀泉台~コマクサ平。戦争法案反対ミニプラカぶらさげながらのトレッキング。

いったいどれだけ放置していたんだと思ったら2年前のちょうど今頃だったり。

当初は札幌の日弁連の戦争法案反対デモか、それとも旭川市内の『ダムネーション』(米国のダム撤去のドキュメンタリー)を観るか…だったのだけれど、忙中閑あり、ということで昨晩9時頃になってやっぱり山へ、と決定。

そろそろ山腹も始まっているらしい紅葉を眺めに銀泉台~コマクサ平。

最初から赤岳山頂を踏むつもりなしのへたれ山ノボラーふたり。
ついでに山でもこんなんぶら下げてたり。意外なくらい他の登山者から好意的な反応があった。

Nikonp610_20150906_105508_0179_2

第一花苑、まだまだ良くなると思うけど、もう十分楽しめた。
この5年くらい冷え込みが途絶えて紅葉途中で枯れちゃうようなダメダメな年が続いていたのだけれど(場所によって良いところもあったけど、全体としてね)今年は予報からすると暑さが戻るようなこともない様子。あとは霜にやられなければけっこう良くなりそう。

Nikonp610_20150906_094124_0013

第3雪渓標高は高いのにここはいつも遅い気がする。来週末には良くなるんだろうなぁ?
来週からは紅葉時期の交通規制に突入しててんやわんやな感じになるのだろうけど、若干早い分静かに楽しめたのはなにより。

Nikonp610_20150906_110937_0201

昨日稜線はみぞれが降ったりけっこう厳しい天候だったとのこと。秋冬もの着て、登ると若干暑いかなくらいの穏やかな天気で満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金)

大雪山紅葉、中腹黄葉がぐっときてたり、山仲間の版画家まなべさんに久しぶりにあったら絵はがきたくさんいただいたり。

今朝はこの秋一番の冷え込み、けっこう気温低いと思ったけど、夕刻ラジオを聴いてたら1.2℃とかだったらしい。予報通り5℃くらいかと思っていた。低標高でも急に黄葉が目立ちはじめた様子。

山仲間からの話によれば、高原温泉もようやく見ごろになってきたらしい。ちょうど今週末(…って明日だけど)から高原温泉も交通規制で個人客はは大雪ダムからシャトルバス。この土日はけっこうかなり混雑するかも。

まだ紅葉シーズン途中なのでもう1,2週間して街を紅葉が染めないと全容はわからないけれど、今年はここ数年ではそこそこ良いかんじ。同じところにあるナナカマドがある株は赤いのにある株はまだ青々としていたり、はたまた黄色で止まって枯れ始めていたりとか、ムラがあるというか、まだら模様な感じがする。

山歩きというほどでもなく麓~中腹を観光程度にブラブラするには(上)モンベルメリノエクスペディションZIP+数年前のユニクロエアテックベスト+モンベルノマドJKTのレイヤリングが快適だった。活動量少なければ中綿ベストをソフトシェル下に挟むのって脇の下モコモコ感なくて軽快だった。

P9270088
数日前のことだが、久しぶりに版画家のまなべ茂さんとご一緒した。いままでの作品のポストカードを準備中で、ひとそろいいただいてしまった。今日はとりあえず一枚にまとめて掲載。追々ここに掲載しようかと思っている。
SPONSORED LINK

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

iPodTouch5 iOS7生活2日目 コントロールセンター開くコツ/遅いのではなく画面遷移のエフェクトが冗長な感じ

iPodTouch5 iOS7生活2日目

さっそくこんな不具合もあるようですが、対策も取れるし快適さには変わりありません。
実は昨日コントロールセンターを開こうとしたら、なんとも反応が悪くてやっちゃったかな感がありました。記事を書いた時点では解決していたので書かなかったのですが、悩んでる人もいるかもなのでレポしておきます。
・画面の中で下からスワイプしてもほとんど開くことができません。
・タップするようにスワイプすると時折反応してくれることもあります。
・画面のスワイプ開始する位置を左右にずらすと反応が若干良くなりました。が、まだなんとも反応が鈍すぎ、なかなか開かない。

思い切って画面の外側からスワイプしたらあっさりと素直に開くようになりました、とさ。
相変わらず遅かったりカクカク感は感じません(自分が鈍感なのかもしれないけど)。意外にも今までよりスクロールとかスムーズな感じのアプリさえあるかもです。
ただ、画面遷移のエフェクトが冗長な感じはある。Windowsマシンで以前ウィンドウを開いたりのアニメーションをオフにしたりできたけど、iOS7でもできるとキビキビ感が出そうなんだけど…。
iPhone5Sだともっとキビキビしてるのかなぁ?比べた人いれば教えてください。

SPONSORED LINK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

人柱覚悟で iPod Touch5 を iOS7 にアップデート / 大雪山冠雪

Img_3090
iPod Touch なしには生活できなくなってしまった今日この頃。
iOS7に早速アップデートしてみました。

プロセッサがA5、メモリが512MとiPhone4Sと同様のスペックのためベータ版では若干遅くなるようなレポートもあったけれど、コントロールセンターに轢かれて惹かれて人柱覚悟でアップデート。
結果は、特に遅くなった感もなく良好。
・コントロールセンターイイ!!Bluetoothのオンオフや明るさが設定を開かなくても良いのが最高。
・デザインは好みもあると思うけれど、フォントが細身になってシュッとした感じ。
・Assistive Touch はアイコンやらがちょっと大きくなっておしゃれ感は減ったかも。
・今のところ動かないアプリも見当たらない。
気がついたことがあればまた書きます。
Img_3089
昨夕黒岳冠雪、今日は旭岳その他大雪山初冠雪。
iPodしか持っていなかったので写りはご愛敬。先日の台風でも幸い紅葉がそれほど吹き飛ばされてしまうこともなく済んでいるみたい(しばらく前に無残にも一夜にして全滅した年があったからねぇ)。
昨日NHKで紅葉と残雪が同時に観られるとか放送されたようで平日だというのにロープウェイなど駐車場満車になった様子。
SPONSORED LINK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月27日 (土)

近況-富良野岳と残雪のことなど

20130721_furano01

わが家には高齢のう~さんがいて、ここしばらく体調が不安定。

なのであまり家を開けることもできず、お山の記録は書きたくても書けないでいます。
体力落とさない程度にぼちぼち走ったりなどはしているのですが、北海道マラソンのエントリーも見送っちゃったのでモチベーションもいまいち上がらず、まさにぼちぼち。
それでも先日は久しぶりに富良野岳へ。
雪融けが異常に遅かったけど、このところの異常な暑さ(5月末から6回も30度を超えるなんて!)で見た目にはだいぶ平年並みになったと思っていたが、沢すじを中心に驚くほどの残雪。
ネットであちこち巡回してまだまだ融けてないところも多いと思ってはいたが、まだまだ滑れるくらいに残っていた。実際某グループの方々がミニスキーで遊んでたしね。
今週末ならまだいけるんじゃなかろうか。
吹き溜まらないところはおおむね平年並みなんで、開花はまだら模様な感じ。
ハクサンイチゲは見頃を過ぎていたけど、開花してる種類なら最も多いタイミングだった感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

311 - 昨年のこの日

仕事が一段落ついて、時間が取れたのでひとり前十勝へ向かった。

なんとももっさりな新雪をひとりフルラッセル、火口近くまで登り滑ろうと思ったらホワイトアウトでよろよろと滑降。

ちょうど白銀荘で温泉に浸かろうとうろうろしていた頃に2時46分が来ていたようで、全く気がつかなかった。

軽く昼寝して帰ろうと休憩室に上がったらテレビでは日本地図の沿岸が赤点滅していた。

あれから一年、早く心穏やかに山に向かえるようになって欲しい。

語るにはありあまるが、これまでのクソ政府、民主や自民・公明その他憲法を蔑ろにしようとしている人たちと決別した政府が必要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

本日のピットテスト

週末は天気が良かったのにお山には出かけられず。

今日は旭岳界隈でちょっくらピット掘ってみました。

■温泉街付近の西向き斜面

■ショベルコンプレッション
雪面より150cm深

30cm新雪(めちゃくちゃ軽い、たぶんこれ以上軽くならないレベル)
30cm先週の猛吹雪のソフトスラブ(こぶしが入る)
(肘2回、たぶんこしもザラメ、断面きれい)
10cmやや密度高め(指1本)スラブ
(肩3回、たぶんこしもザラメ、断面きれい)
20cm密度中(指1~4本)
(肩3回、たぶんこしもザラメ断面きれい)
20~30cm密度中
(全体重、断面でこぼこ)

今のところそれほど密度も高くないけれど、けっこう微妙な深度にかなりきれいな弱層持ったスラブが保存されていて、上載積雪の増え方と弱層の保存のされ方によっては、3月にかけて過去何回か起きている事故のような感じで雪崩れるのかもしれないな、という感想。

参考まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

山道具屋さん、ごめんなさい

今季初の雪の路面を走行したためだろうか、山道具メーカーのサイトを開いた。
冬のアイテムに切り替わってきていた。

自分の使っているポールはライフリンクのバリアントカーボン(赤軸)だ。
ロックシステムだけはBDのフリックロックにはかなわないが、見た目すっきりでよろしい。
(アイゼンのダンゴ落しに使ってエポキシが剥げてしまったのでエポキシ接着剤で補修したり年季は入っているけれど)
仲間内でもロックシステムのトラブルがけっこう起きるけど、こいつは回転式のくせに、今までほとんどメンテナンスフリー状態だった。

しかし今夏はちょいと機嫌を悪くしていたのを思い出したので突然のメンテ。
といってもミシン油をちょいと垂らしてかる~くこじる感じで出したり引っ込めたりしただけなのだが。

やっぱり直ってしまった。
山道具屋さん、儲けさせてあげられなくてごめんなさい。
次の候補はBDのフリックロックと決めているのにまた買い換え損なってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

小出裕章さんの「R」方式は合理的だけど実現不可能だと思うわけ、など

久しぶりのエントリーは山ネタではない
そこそこ野山では遊んでいるのでそのうちに。

京大の小出章弘さんが食料の放射能汚染対策として「R」方式を主張している。
放射線への感受性が低くなっている高齢者が線量の高い食品を引き受けることで現実に生産されてしまっている汚染地域での農産物などを若年者が摂取しないようにしようというものだ。

実現できればそれなりに合理的だともいえるし、仕方がない部分もあるのかもしれない。
しかし、実現は現在の日本と世界では不可能だと考える。

実現が可能なのは格差がないか極めて少ないことと、治められるに値する政治と民がある場合だけなのではないだろうか。
日本とその他大多数、つまり世界のほぼすべての国はその状態にある。

放射線量を表示するということはつまりが線量の高いもの、高いと予想されるものは安売りされるだろう。
逆に線量の少ないものは高品質なものとみなされて高額にならざるをえない。
見た目はともかくとして、品質が悪いものが高くは買ってもらえないのが資本主義では、というか完全配給制でない限りあたりまえだ。
所得の低い世帯では高いものばかり買うことができるはずがない。

たとえ助成金を出したとしても、子ども手当てと同じように、助成金が目的のところに使われるとは限らない。
現物支給しようとも、横流ししてその分で安い(線量の高い)ものを、支給された分より多く購入するようなことも起きるだろう。

飲食店や食品メーカーにしても線量の高いものを使ったものと低いものを使ったものの2種類を分けて提供することはほぼ不可能だと思われる。そもそも食品の全量検査自体が現状ではできないのではないだろうか。

日本国内だけの場合に限らず、世界に向けても同じで、チェルノブイリの時も同様のことが起きていたらしいが、危険だという情報が少なかったり、安いものを求める途上国などに線量の高い食品が流れた。今回の福島原発の問題でも同様のことがこれから起きていくのだろう。

で、どうするか。

ほんとうに申し訳ないことだが、基本的に汚染地域での食糧生産はあきらめてもらうしかないと思う。
十分すぎるくらいの補償と移住の手立てをとって、意欲のある農家さん・食品会社には新しい土地で再起してもらう。高齢などでどうしてもという場合だけ自給のためだけの生産を許可する。
沖縄の米軍基地や成田空港などの強制収用を認めはしないが、それは行なわれた。
多くの農家さんたちは一般的には安全な(買ってもらえる)野菜をつくりたいと願っている、と思う。
企業としても、顧客のためには補償さえされれば実行できるし、実行させることは可能だろう。小沢とか自民党の議員連中が恫喝して思いどうりにすることが可能なのだから。

チェルノブイリや合衆国の核兵器製造工場跡地のように汚染地域は立ち入り禁止にする。そして後世にこんなに日本はばかげたことを起こしてしまったし、原発なんてものに頼って過ちを繰り返さないための立ち入れない「世界遺産」とするしかない。

繰り返すけれど、本当に福島などのその土地に愛着を持ち、暮らしてきた人たちに申し訳ないことなのだが、そんなやり方しか考えられないような気がするのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧