カテゴリー「旅行・地域」の記事

2008年5月 8日 (木)

鳥インフルエンザ

 道東で死んだ白鳥から強毒性の鳥インフルエンザが見つかりましたね。旭川でも「永山新川」という放水路に白鳥が集まるところがあるからもしかしたら...

 で、思い出したのが94年の中国の旅。いまは世界遺産にもなっている雲南省の麗江という街があります。当時はいまほど観光化されてなくて、玉龍雪山というさすがチベットが近いと思わせるようなヒマラヤにあるような山も眺められるなかなか良い街でした。この街、今は飛行場も出来たりしているようだが、鉄道はなく、当時はバスで8時間ほどかけて昆明と成都を結ぶ鉄道駅まで出なければなりませんでした。

 その日、夜行のマイクロバスはまだ陽のあるうちに麗江を出発し快調に飛ばしていました。途中8時ころだったか食堂で夕食休憩。明け方には金江という街に到着するはず...だったのだが。

 食堂を出てからしばらくするとエンジンがうまく動いてないみたい。そのうちエンジンはストップし、かからなくなってしまいました。運転手と助手がごそごそ修理をしてなんとか動き出したのだが!!うとうととしはじめたころに「ボン!」と音を立てて先ほど修理をするのに手を突っ込んでいた入り口付近の床が火を吹いたたのでした。いやー、今でもあの閃光ははっきりと思い出します。

 西洋人たちは「デインジャラスだから朝まで次のバスを待つ」と言って車から降りてしまった。乗務員や中国人の乗客は西洋人を置き去りにも出来ず(そんなことしたら罰せられちゃうかもしれないからか?)私に「安全だから乗ってくれ」と説得してくれと頼む始末。結局朝まで車内で夜を明かし、次のバスを待ったのでした。

 ここからが本題なのだが、10時頃だったか、次のバスに満員のところになんとか全員(運転手も)乗り込むことが出来た。私は一番後ろの席に座った。だけど座席に座ったのではなかった。

 座席の上には籠があり、セキセイインコがいっぱいパタパタ、ピヨピヨ。その上に座ったのでした。しかも座席の後ろにも...。いやー騒々しいったらありゃしない。っていうかそんな鳥かご持ったやつ乗せるなよ!!

 雲南なんてインフルエンザとか病原菌のメッカでのできごとでした。笑い事じゃなくいまだったら感染してたかも。ちなみにバスはその後も波瀾旅をつづけて、金江のバスターミナルに降り立ったのは出発から25時間後のことでした(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

虹- Rainbow

Biei20071017_04
久しぶりの虹でした。
友人が来旭していたので美瑛に足を伸ばしてみました。

滞在期間中友人はこの辺りで虹を三度見たそうです。

山はもう、雪、シーズンイン間近です^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月31日 (火)

キツリフネ...?

Imgp0314

キツリフネ...ではないですよね?。
タイの山で見かけた野の花。
ところ変わればいろいろかわるものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

チェンマイ・バンコクの旅 16

Imgp0295
ターペー門沿いのお堀の橋の飾り物
とぼけてて、いい味出してました。
写真とりあってたら、西洋人のおじさんが2人を撮ってあげるよと声をかけてくれました。
いいやつだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

チェンマイ・バンコクの旅 15

チェンマイ2回目の朝、この日も散歩に

Imgp0291_1

ターペー門前の広場、日曜日で、マラソン大会みたいでした。
コカコーラがスポンサーみたいですね。
自転車の人とかもいるけどなぞです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

チェンマイ・バンコクの旅 14

久々に旅行の記事の続きです。

Chenmai_luanmit
ネットで見た「ルアンミット」という、ココナッツミルクのみつ豆というか杏仁豆腐というか

そのようなタイのドメスティックのスイーツ。

店員の愛想がものすごーく愛想悪かったけど、おいしかった。

氷がちょっとお腹に心配だったけど、なんともありませんでした。

10バーツだから、単純に日本円に換算すれば30円くらい。
現地の感覚だとどのくらいなんだろう?100円~300円くらいなんだろうか?

日本人にとって「安い」が現地の人にとってはまったくちがうんですよね。
市場のなかに入ってるカウンター式の店だから、庶民のおやつ程度のものですね。

現地の庶民感覚にちかい旅が好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

ブロガーをやめるとき

別に私がやめるわけじゃぁないんですよ。
旅行ネタとして書き散らしておきますね。

三井昌志さんというブロガーがいます。

ブログで写真を発表して「写真家」として生活しているわけだから、私は写真家とは呼ぼうとは思わない。あえて「ブロガー」とよばせてもらいます。

その三井さんが「たびそら」の更新をやめるという。
ブログの更新を全面的にやめるわけではなく、作品の公表かなにかに限ってらしいが。

経緯については詳しくは本人が「旅空日記」語っているのでここでは書かない。
http://blog.livedoor.jp/tabisora/archives/51608546.html
http://blog.livedoor.jp/tabisora/archives/51610113.html

当然といえば当然な流れであるが、釈然としない部分も多いのです。

アラーキーなんかは自らを「ただの写真好き」と語っている。現実には売れてしまっているわけだけれど、つまりは食えなくても制作するわけだ、写真が好きだから。
山ノボラーや冒険家といわれる人たちにもそういう流れはある。山野井夫妻や単独で南極点到達を果たした欧米人(名前は忘れた)などがそうです。

清貧が良くて、お金を稼ぐ手段として写真を発表するのが悪いとは単純には思わないが、WEB上で無料でコンテンツを提供してきておいて、読者が本やCDを買ってくれないせいにしているみたいで違和感を感じるのんですよね。
それを言ったら、三井さんの「うり」である被写体になったアジアの国々の少女や、子供たちはなにかの代償を受け取っているのだろうか?国内であれば、肖像権の問題が起きるんじゃないかと思うのですけど。
蛇足であって、ここに書くべきではないのかもしれないけれど、私個人としては三井さんの写真に対して映像的には美しいのだけど、社会的な視点が薄い点で、少しづつ違和感が増してきているんです。なんか雑誌のグラビアアイドルを見ているような感じというか。

さて、もう一点、書籍などの商業メディアのしがらみの少ない、自分(のWEBサイト)を中心としたメディアにこだわるのなら、有料制のサイトにするとかなんかもあると思います。なんか読者のせいにする感じがどうもね...

こんなこと書いて、三井さんが読んだら、また勝手なこと言いやがってと思われるかもしれないけれど、ものづくりってそんなものですよね。それでも好きならつくり(撮り)つづければいいんです。好きな人は好きだし、何よりも自分が好きなんだから、別に他人に危害さえ加わらなければ構うことはないから。

あまりまとまりのない話ですが、旅好きと制作する者としてちょっと気になったので。

Imgp0300
タイ、なんだか仏陀にゆかりのある寺みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

チェンマイ・バンコクの旅 13

070chengmai

アジア飯の醍醐味って感じです。

うまそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

チェンマイ・バンコクの旅 12

069chengmai 橋に花が飾ってありました、お祭りだから?
それとも花の街だからだろうか?

069chengmai ローイカトーンという灯篭流しのお祭りの時期だったので
こんな灯篭をあちこちで打っていました。 バナナの茎の輪切りとか葉っぱとかが主材料のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

11/4 写真その11 チェンマイ・バンコクの旅

066chengmai

タイの棺おけ屋さん。
棺おけまでキンキラキン

067chengmai

このバイクって...

京都ナンバー...つけたまま...

って、盗品じゃないの~?
こうやって売り飛ばされてるんですねー

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)