« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月 3日 (月)

登り初めは札幌円山。うさ好きなので北海道神宮の干支の土鈴目当てだったのだがツレがその気になり山頂を踏んだ

読んでくれているみなさんあけましておめでとうございます。

Lumix_20110101_132744_0169

年末進行と帰省の二重苦をたまにはやめようと、めずらしく旭川で年越しをした。

大晦日は山仲間のお宅にお呼ばれして、久しぶりに紅白を最初から最後までなんのかんのいいながら観た。なんというか、これ以上頑張れないくらい頑張ってる「勝ち組」じゃない自分たちからすると頑張れば何とかなるよ的な、なにか優しくない唄が最近の曲には多いような感じがした。演歌とか襟裳岬とか聴くと人情(人間性)があってホッとしてしまうのは歳とったせいなのだろうか?

行く年来る年、知恩院の除夜の鐘を0時ちょうどにわざわざ合わせて打たせるというのもどういうものかと。淡々と、全国まんべんなく新年を迎える様子を中継するほうが良いと思った。

相変わらずの悪口は今年も続くことでしょう。

さて、まじめに山に籠もることもしてないへたれ山ノボラーは元旦は札幌へ。うさぎ好きの我が家は北海道神宮で干支の土鈴が手に入るというのでイチもニもなくゲットしに車を走らせた。

道央道、旭川から札幌まで車線はほぼ全線アスファルトが出ていてそれはそれはみごとな雪の少なさだった。

北海道神宮では境内に入るなりお参りなどそっちのけで土鈴売り場へ。初詣ではなく、土鈴さえ手に入ればそれで良いというくらいのバチあたりな所行である。さらにおみくじまで引きつつ、「で、お参りする?」などといっている始末。お参りしようと社殿に近づけば近づいたで賽銭箱もなくシートを敷いたところにお金やら貯金箱やらが抛りこまれているのが珍しくてデジカメで撮影してしまった。

Lumix_20110101_120718_0141

敷地内の公園に冬ソナに出てきたような雪だるまだのがあちこちにあって思わず和んでしまった。

Lumix_20110101_123959_0154

「ツレが冬でも円山って登ってるひといるのかなぁ?」
なんていうものだから、じゃあ行ってみようということに。

なんたら神社の裏から登れるって知らない円山経験者の自分は、その時には別のところから取りつき、藪こぎして途中から道に出た経験者。散策用の木道が閉鎖されているので動物園まで歩き、トレースがついているので行っちゃえ~と登り始めた。

Lumix_20110101_130318_0158

12本爪のアイゼン跡もあるので慣らしに履いた人がいるのかと思っていたら、よく来る札幌人は軽アイゼンはけっこう当たり前のように履いていてデフォルトっぽい。この日はそれほど必要性を感じない程度の圧雪だったのだけど、歩く人が多いから条件によってはカチカチになるのかもしれないと納得もしたし、もの珍しくもあり。山頂にいたおじさんの迂回コースの方が安全だよという忠告もあっさり無視して下りは神社まで最短コース。降りるとなんと神社前の案内板の裏にはずらりと散策用の置きストックが。

Lumix_20110101_135614_0173

なんだかんだけっこう一日楽しんでしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »