« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月24日 (土)

とりあえず半分すっきり、久々のソロテン泊美瑛岳~オプタテシケ~双子池水たっぷり その1

Biei01_01

連休に向けてだんだんと天気予報は悪い方へと舵をきっていたが、とりあえず決行。十勝~大雪間でなぜか歩き残したままのオプタテ~三川台へ。

本来は俵真布からのパーティと三川台で合流し、下山しようと目論んでいたのだが、結論から言えばタイトル通り双子池から撤退。

相変わらずのことだが若干寝坊、アプローチが車で単独だから許される緩さ。望岳台出発は7時ころになってしまった。連休だけに駐車場はけっこうな数の車。

初日は予報よりは天気も良くてけっこうルンルン気分。雲の平はエゾコザクラなどが見ごろ、秋には残置ロープ頼みのスリバチ火口からの沢も雪でしっかり埋まっていて難なく通過できた。美瑛富士避難小屋へのトラバースルートを行こうかと思ってもみたが、調子も良く、美瑛岳山頂から美瑛岳避難小屋間も未踏なので、美瑛岳の山頂も踏んでしまった(さすがに美瑛富士は山頂を踏むのはやめておいたが)。

美瑛岳からは未踏のまま残してしまっているコース。花は思ってたよりも少ない。富良野岳とは言わないがカミホロ~三峰山くらいにお花畑が広がるのかと思っていたらそれほどでもなかった。ナキウサギの声はあちこち聞こえるので岩塊地が主体だからか?カミホロもナキウサギは多いのだけれど。徐々に疲れては来て雲も多くなってはいたけれど順調にオプタテ山頂へ。オプタテの西壁も見えていたが撮影のタイミングを逃してしまったのは残念。

うわさには聞いていたがオプタテ北斜面の630mの一気下りは見た目以上に長かった。最初からテン場に先行者のテントが見えているのに下っても下っても近づいてこない。デジカメのレンズが28mm相当なことを考えても、レンズのゴミくらいにしかテントが見えてないのだから遠いのは当たり前なのだが。ちなみに写真を撮ったのはテン場から150~200m上部になると思う。

P7173214_2 

雪渓はたっぷり残っていて今回は水には全く困らない感じなのだが、逆にテントを張るスペースは限られそうな感じだった。だいぶいやになってきた頃、やっと雪渓上端まで下り、さっさと雪渓へ上がりテン場へ。これも以外に長い。

この日は3パーティ4張りだけど、テン場はこれで精一杯。10分ほど離れた池の辺りにはもう少し張れそうと言うことだったが…

この日は意外なくらい暖かく、テントの入り口はメッシュのみで寝てしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

先週の富良野岳で見たんだけど、なんで富良野岳にリシリヒナゲシがあるんだ?環境省しっかりしてくれ

先週末の富良野岳山行で目にしたのだが、山行記録とはちょっと色合いが違うので別エントリーでポスト。

肩の分岐から少し上がったところにリシリヒナゲシで間違いないであろう花(と数株)があったのにはびっくらこいた。どうもこの数年の間に誰かが意図的に持ち込んだ(植えた)ものだという噂だ。たしかに似たような気候や雰囲気の場所なのだが、あってはならない極めて違和感を感じた。富良野岳の稜線にセイヨウタンポポがあるのとなにも変わらないくらいのものだ。

数年前に旭岳(姿見平)でもセイヨウタンポポを目撃したりしているのだが、環境省のレンジャーは知ってるのか知らないのか、なにも対処をしないっていったいどういことなんだ。100人からのパークボランティアからなんらかの情報は入っていそうなものなのだが…特定外来生物とかになるとボランティアだのみでなんとかしなきゃいけないようなふりをする。果たしてこの外来種を勝手に抜き取りとかしちゃうのは罪になるのだろうか?ゴミと同じだからちゃんと気がついた人が処理してしまっても良いのだろうか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休山行終了なう、とりあえず一週遅れで富良野岳記録

先週末は富良野岳へ。団体登山のスタッフでの山行だけど、珍しく班のLではなくフリー要員だったのでラッキー。まあそれなりに気配りは必要だけど花の写真とかも後続やペースを気にせずに自由にできるのがうれしい。

凌雲閣駐車場は7:15着、もう駐車場に収まりきれず路駐の嵐。こんなに人のいる山は数年ぶりかもしれない。来週もすごそう。ustreamマニアの友人anjiさんたちはこの日稜雲閣からチャリでシングルトラックツアーだったのだが、だいぶ下に駐車して稜雲閣まで登り返してからアタックしたようだ。

P7112759

三峰山トラバース道は雪の残りやすいところは雪解け直後という感じでツガザクラ、エゾコザクラ、チングルマはポツポツってところ。来週はばんばん咲き出しそうな気がする。稜線近くからは一転して春の寒さを取り戻した感じなのだが、いきなり高温が続いて一気に雪解けが進んだのかいつもなら時期を少しずつずらして咲く花がいっぺんに咲いていっぺんに終わっていってるような咲き方で、ほとんど一通りのものが咲いていた感じ。ただし、いつもの圧倒的な感じとはちがう気がした。

今日の装備、来週はテン泊で歩く予定なので水など要らん重りを背負って歩いた。水・食料込みで13kgあまり。ふだんあまり背負わないからさすがに最後の方で少し肩がこった。

レイヤリング
ユニクロドライ長袖+ノースT、ユニクロ7分ジャージドライ、スマートウールスキーライト、ミズノミッドカット。全行程腕まくりした程度で通したけどちょっと暑かった。

昼食
自製ナッツ入りスコーン、シリアル、牛乳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »