« 靴は靴でも登山靴ではなくランニングシューズ | トップページ | 昨日までは梅の咲く頃、今日は桜の咲く頃 - カタクリ花見 »

2010年4月22日 (木)

クマゲラの森を彷徨う

G_one_02

▲比較的新しい、昨年のものか?典型的なクマゲラの採餌痕。実にみごと

4月のはじめの記録だけど、書きかけにしてしまっていた。いまさらではあるがアップすることに。天候不順でコンディションはあまり変わってないのではないだろうか?

久しぶりにスキー板を履いた。パウダー狙いのライダーたちが少なくなり静かになったバーデン前からG尾根とその奥に広がる森を彷徨してきた。

雪は期待できないし基本的にだらだらの樹林帯なのでスノーシューでも良いのだが、あまりに板を履いていないのでちょっとでも滑り気分を味わえればと細板革靴装備。

G_one_01

シール歩行では少し重い感じの雪だった。昼食休憩を摂る頃には下駄にもなってきてシールワックスの出番。春はこれが欠かせない。しかし細革なので気軽に歩き回れる。ステップソールならもっとお手軽なのだが…
トリマーを使えばステップ加工はできるのだが、レトロ板なのでもったいなくて踏み切れない。

天気は徐々に良くなり、登山口に戻る頃には美瑛岳から三峰山、鉾岩まで青空の下、真っ白に輝いていた。
地図で到達地点のあたりはつけていたのだが、携帯のカメラでGPS情報を付加してどこまで歩いたかを確かめた。だいたい「当た」りだったのだが、以外に奥まで分け入っていたので驚いた。ただGPS情報、すっ飛んでいてそりゃないだろうというところ(富良野~前富良野のコル付近)にポイントされていた写真もあったので気をつけて使わなければならなそうではあった。

そこここにクマゲラであろう採餌痕があるのだが、奥に行くほど少ないような気がする。驚くことに自衛隊の演習場が国立公園に隣接して存在している。しかも国立公園に指定される前には日本軍の演習場だったわけでもないのに。もしかしたらその可能性もなくはないのでは。全く科学的根拠はないのですが子育て時期には山歩きをしていてもドッカンドッカン大砲の地響きがするのでお世辞にも環境は良くないような気はする。日本の国立公園は国際的には国立公園とはいえないわけだ。

そういえば数年前に自衛隊が林野庁からいつの間にか国立公園内の土地を買い取って演習場を広げてしまっていたという記事があったが、その後どうなったんでしょうね?まだ拡張するようなことも書かれていたが、もしや、反省もなく公表することなく拡張されてるとか…?道新さんその後の記事書いてくれないかなぁ。

20080308__02_2

帰りは「この尾根を越えれば」到着かと思ったらもう一つ尾根が待ち構えてました。
たいして滑ってはいないけれど、滑ると意外なくらい気持ちよい雪でなんとなく良い気分。とにかく良く歩いた。

|

« 靴は靴でも登山靴ではなくランニングシューズ | トップページ | 昨日までは梅の咲く頃、今日は桜の咲く頃 - カタクリ花見 »

山行記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541649/48000565

この記事へのトラックバック一覧です: クマゲラの森を彷徨う:

« 靴は靴でも登山靴ではなくランニングシューズ | トップページ | 昨日までは梅の咲く頃、今日は桜の咲く頃 - カタクリ花見 »