« 修行 | トップページ | 箱根の山は »

2010年1月14日 (木)

やっと山頂を踏むことができた赤岳…っていっても大雪山のではなく八ヶ岳

Olympus_20100107_164201_0247_edit

年末年始はいつものように旭川を離れ帰省。

ついでに久しぶりに東京周辺の山を歩いてきた。12月にひとり雪上訓練山行などやってしまったせいか、たまにはピッケル・アイゼンの山に登りたくなってしまったようだ。そのひとつが赤岳。

東京に住んでいるころは八ヶ岳にはそれなりに行っていた。編笠権現などは毎年のように登ったし、北八ッもハイキングやら縦走やらしているし、赤岳のおとなりの阿弥陀などはバリエーションまで登っている。それなのに、最高峰の赤岳はずっと空白になったままだった。

予定としては赤岳~横岳縦走だったのだが、結果的には赤岳のみ登頂。アタックの日は低気圧が通ったあとで午前中は稜線上はやや風が強く、痩せ尾根やら岩稜やらもある一応は雪山中級コースなので単独で初見ということもあり、行けないことはない様子だったけれど無理はしないことにした。

山頂に着く頃には急にガスも晴れて久しぶりの3000m級(2899m)の山頂と青空に出会えた。コースそのものは鎖もばっちり出ていたし、雪も雪崩を心配するような量でなく、適度な緊張感を味わって歩けた。ずいぶん高い位置にも鎖が張られているのは冬用?やりすぎの感もしなくはないが東京近郊で賑わう山だからしかたないか。北海道とのちがいを再認識。平日ということもあり、人も少なくて静かで良かった。この日は山頂を踏んだのは自分をいれても5人くらいなのではなかったのだろうか。

赤岳鉱泉にテントを張ったのだが、チップトイレ代と込みで水ももらえるとはいえ1000円は高い感じ。「アイスキャンデー」と呼ばれている建築足場を組んでつくったアイスクライミングゲレンデもなんだかなぁ、というのが正直な感想。横岳の壁の景観が台無し。ジョウゴ沢にも遊びに行ったのだが、本物の氷の滝に取り付いているのは一組だけで、山に来てるのに山に登らないなんてなんだか本末転倒。よく許可がおりたもんだ。

あかね色に染まる硫黄岳~赤岳も拝むことができて満足。

今回はユニクロのプレミアムダウンパーカーを街着を兼ねて持って行ったのだが、極楽。アタック以外はヤッケ(NourthマウンテンJKT)の出番がないくらい。来期はウルトラライトダウンでパーカーを出してくれないかな。同じくユニクロのフリースのライナーパンツも大活躍。

それにしても東京くんだりまで出てわざわざ旭川なみの寒さの山を歩くなんて、我ながらアホさ加減に笑っちゃう。

Yatu03_seiheki

赤岳西壁、主稜とか登ってみたい

Olympus_20100107_142808_0227edit

ジョウゴ沢F2、アイスクライミングかっこいい

|

« 修行 | トップページ | 箱根の山は »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541649/47291244

この記事へのトラックバック一覧です: やっと山頂を踏むことができた赤岳…っていっても大雪山のではなく八ヶ岳:

« 修行 | トップページ | 箱根の山は »