« 札幌で「低体温症に関する学習会」というのが開かれたそうだが | トップページ | 洗礼 - シーズンイン »

2009年11月 4日 (水)

札幌近郊の山へはじめて登る

札幌近郊の山にはまだ一度も登ったことがなかった。千歳に行く用事があったので、ついでなので藻岩山に登ってきた、もちろんロープウェイは使わずに歩いてである。

時間の都合もあり手稲山とどちらにするか迷ったのだが、「富良野ナキウサギの鳴く里づくりプロジェクト」という会のシンポジウムがあり、パネラーのひとり牛島さんという方が話題に取り上げていたことなどもあって、藻岩山に決めた。

旭山自然公園から馬の背コースを登り、慈恵会病院へと半縦走。「藻岩山原始林」ということでとても良い森が残されていた。牛島氏が話されていたように、あの札幌という大都会によくあれだけの森が残されたものだと思う。そして散歩と行って良いような人からそれなりの装備のハイカー、トレランの人といろんな人が歩いている。

地図を見ていたら円山にも道がついているので円山を一周しながら登ってきた。地図では登り口 がはみ出たところにあったために適当に登り始めたら、道間違えだったようで札幌の街中で少々藪こぎをしてしまった。こちらも円山原生林とかで、静かで良い森である。

歩き始めたのが2時頃からだったので、駐車場に戻った時にはあたりは暗くなっていた。けっこうなペースで距離もそこそこあり、それなりに疲れた。
上の駐車場には展望台があるのだが、夜景も楽しめるのが良い。

|

« 札幌で「低体温症に関する学習会」というのが開かれたそうだが | トップページ | 洗礼 - シーズンイン »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541649/46509604

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌近郊の山へはじめて登る:

« 札幌で「低体温症に関する学習会」というのが開かれたそうだが | トップページ | 洗礼 - シーズンイン »