« 議員の世襲制は「あまり」あまりよろしくない | トップページ | あべ弘士さんのワークショップでお手伝い? »

2009年6月11日 (木)

パニック状況の中で - 北朝鮮の核実験問題で思い出したこと

10年以上前のことなのだが、あるNGOの学習会で尾崎卓司さんという軍事評論家の方がこんなことを言っていた。

合衆国は今もまだ北朝鮮を仮想的としている。
北朝鮮は、追い詰められたときに何をするかわからない。
そのとき、われわれの「戦争反対」という主張は一般に受け入れられるだろうか。
非常に難しい状況に追い込まれるのではないか。
そのような危機的な状況にならないようにすることが非常に大切だ。

たしか、こんな内容だった。

自衛のための敵基地攻撃(先制かどうかはともかく)とかを平然と言いだし、北の核実験という一種のパニック状況の中で、その主張を受け入れてしまう人たちが増えてしまっているようで、とても恐ろしい。

憲法はそれを許していないし、許さないことで日本の平和、というか直接的に戦争をせずに過ごせる状況は保たれてきたのではないだろうか。

蛇足その1
合衆国は(合衆国の)過去の核実験データをもとに、コンピューター内で核実験を行ってきているのは間違いがなさそう。つまり物理的な核爆発実験を行わなくても、シミュレーションで行っているわけだ。

蛇足その2
日本は実物の核兵器、「核の傘」の先を北朝鮮に向けている。北朝鮮だけだめというのは不公平だ。どらえもんのジャイアンの論理をなぜいつまでも押し通すのか。北朝鮮が日本を侵略したりする意味や意思、能力は、自国を守るためにもありえないと思われるのだが。

蛇足その3
オバマ大統領が核廃絶を訴えたのは大変にうれしいニュースだ。
実現のためには日本の力が絶対に欠かせないと思うのだが。

|

« 議員の世襲制は「あまり」あまりよろしくない | トップページ | あべ弘士さんのワークショップでお手伝い? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541649/45297973

この記事へのトラックバック一覧です: パニック状況の中で - 北朝鮮の核実験問題で思い出したこと:

« 議員の世襲制は「あまり」あまりよろしくない | トップページ | あべ弘士さんのワークショップでお手伝い? »