« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月16日 (水)

クラッシュ!

知人のノートパソコンのメンテをしてあげようとしてXPクラッシュさせちゃいました。

本題のメンテを済ませたあと、ウィルス対策アプリをインストールしようとしたら、SP1には対応していないことが判明。SP1ではサポート期限の問題もあるのでSP2を適用してる最終段階でフリーズしました。MBRが壊れたようで、HDDにリカバリイメージ内蔵のメーカーPCで、手持ちのXPCDや起動ディスクからの修復コンソールも受け付けてくれませんでした(T_T)

HDD取り出してうちのマシンでデータバックアップしてクリーンインストール。ついでにSP3まで適用したり、IE7(個人的にはFireFoxを入れたいとこだけど、IE6にも戻せると言うことで)入れたり。

ナントもなくすんなり完了。最近けっこう固まると言うことだったから、だいぶ垢がたまってたということでしょう。良い勉強になりました。完全メンテになって良かったとしましょうか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

冬が恐ろしい

み昨日は少し落ち着いたが暑い日がつづいた。そんなときになんなのだが、数日前のニュースで灯油値上げが伝えられた。リッター22円値上げで130円というのでびっくりだ。

G8サミットも終わったが結局原油高の原因になっている投機マネーには一切切り込まれることはなかった。グローバル化というのはつまるところ搾取のグローバル化ということに他ならないらしい。年金基金とかのお金がファンドとかに流れて、物価が運用益以上に高騰するとかになっては元も子もないのではないだろうか。知らず知らずのうちに「資本家=搾取家」の片棒を勝がされているような気がしてならない。

小林多喜二の「蟹工船」が売れているらしい。先日本屋でも平積みになっていて驚いた。こんなに共産主義アレルギーの強い国なのに。共産主義と言えば日本もなかなかのもので、サミットでは市民団体のデモに
機動隊がデモ隊の安全を守るためではなく、デモの行進に向かって盾を構えたらしい。あの中国ですらなかなかそこまではしないんじゃないだろうか。

バイオ燃料需要と新興国の成長で穀物不足がささやかれているが、日本は米の減反などしていて良いのだろうかと心配である。ODAでゼネコンとか大企業を儲けさせるくらいなら米をどんどん作って食料を援助すればよいのにと思う。同じ綠でも森を再生させたほうが砂漠化した土地で無理に作物をつくる施設をつくったりするより環境に良いと思うのだが、それは素人考えなのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

玉虫色

この何週間か山通いが続いている。高山植物シーズンが本格化してきた。春の暖かさで今年はどうなるのだろうかと心配したが、結局平年よりやや早い程度か。花の咲く順序などおかしなところもあるが。

夕張岳はやはり独特で、色とりどりの花の山であった。数年前に林道往復16キロを歩かずに済んだのでずいぶん楽をさせてもらった、人が多すぎるのは玉に瑕であったが、それはほかの登山者にしても同じように感じているだろう。何年か毎に林道崩落してもそれはそれで登山道と高山植物を過剰利用(オーバーユース)から守るにはよいのかもしれない。

G8サミットの首脳宣言が採択された。こちらは色とりどりでも「玉虫色」のようだ。それも色褪せた玉虫色。

やはりというべきかアメリカは京都議定書でもそうであったが、今回も自分が温暖化防止に取り組みたくないことを他国のせいにしてごねたようだ。アメリカも日本も国際政治で信頼を得て発展しようと言う気はさらさらないように見える。中国やインドなどの新興国が取り組むことはもちろん大事だと思うがいかがなものか。

シロウマアサツキの蕾がわんさか(夕張岳)
20080706_yubari03

「なれの果て」に近いが、なんとかそれらしく見える?ユウバリソウ
20080706_yubari01

コンデジのズームくらいではユウパリコザクラ(たぶん)はこれが限界
うん十万のレンズをつけたデジ一が必要なようだ。
何とか回復して欲しいものである。
20080706_yubari02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »