« 黒岳セッション | トップページ | MayDay »

2008年4月 9日 (水)

国立公園が演習場に!?

もう一月ほどまえになってしまいましたが道新に「大雪山国立公園に演習場」という記事が掲載されました。ネット上にもありますね。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/80355.html

私は下記の記事で知ったのですが、驚きました。
http://peace-asahikawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post.html

だって~いつも遊んでいる場所じゃあないですか!!。
国立公園って私たちが観光や自然を楽しむところでしょ?
知らない間に大砲の弾が落ちてくるかもしれないから立ち入っちゃいけない場所になっていたなんて...

以前から山に登ってても大砲の音が響くと違和感ありまくりで、せっかく天気良く買ったりしても興ざめだったり、天気悪けりゃ雷かどうか判断つきにくくて気持ち悪かったんですが。

それから人間の都合だけじゃなくて、ほんの車でほんの5分も登ってカミホロ荘あたりまでいけばその辺りには愛しのナッキー(エゾナキウサギ)なんかも住んでるんだけど。

自衛隊員だって温泉入りに来てるんだから少なくとも山に人が入ってるのは知ってそうなんですけど...
グーグルアースで見てみると、衛星画像を処理してるせいもあるのだろうけど、着弾地の部分の無残なこと。ヤフーでは黄緑色だけどすくなくとも木は生えてないようだ。

さらに買収する予定もあるみたいだけど、そうなったら富良野旭岳とかも事実上登れなくなっちゃうじゃん、困るよ。

だいたい、国立公園に砲弾が飛びかう演習場が隣接してること自体不自然なんじゃないだろうか。
北海道は官も民(企業・自衛隊員とその家族や駐屯地内などで働いている人たち)も雇用や消費などでかなり自衛隊に依存しているけれども、この問題は自衛隊の存在の是非とは切り離して考えなきゃいけないと思う。
国立公園に演習場が隣接していたり、知らない間に拡張されてしまっているというのは別の問題ではないのでしょうかね。
ちなみに、私自身は自衛隊は憲法違反だと思ってるから、国際(もちろん国内も)救助隊に変わって欲しいと思ってるんですけどね。

|

« 黒岳セッション | トップページ | MayDay »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541649/45276529

この記事へのトラックバック一覧です: 国立公園が演習場に!?:

« 黒岳セッション | トップページ | MayDay »