« 雷雨 | トップページ | グミをもらった »

2006年7月 7日 (金)

デザインに

今日の一言

「デザインに悲しみは盛れるか」

山城隆一というデザイナーの言葉である。学生時代にゼミの教授から聞いて以来、ずっと心を離れない。

デザインが夢を語っているだけでよいのだろうか、もっと真剣に現代と向き合ってものづくりをしなければと身が引き締まる。

|

« 雷雨 | トップページ | グミをもらった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

太平洋戦争中の日本軍ロケット推進特攻機「桜花」は、とても悲しいデザインだと私は以前感じました。

投稿: belcant | 2007年8月28日 (火) 07時45分

そうですね、桜花はほんとうに悲しいデザインだと思います。デザイナー、設計者の思いはどうだったのでしょうね。
結果的に悲しいデザインになってしまったのであって、悲しみを意図したのでしょうか?

こんな悲しいモノをつくってはいけない、そんな戦争による犠牲への憤りを伝えられるデザインが再び戦争ができる国に引き戻されようとしているいま、必要かもしれませんね。

投稿: EastEnd | 2007年8月31日 (金) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541649/45276457

この記事へのトラックバック一覧です: デザインに:

« 雷雨 | トップページ | グミをもらった »