« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005年9月26日 (月)

怒涛の三連休 -その3-

 遅ればせながら三連休の最終日のレポートをどうぞ。
 大規模林道平取新冠線の調査のため、早朝4時10分に開発前集合。大雪と石狩の自然を守る会では継続的に調査をつづけているのだが、私自身は平取新冠線ははじめてです。一昨年には台風で9割あまりが崩壊や土砂で埋没してしまったという、とんでもない開発道路です。
 いまだに8箇所で復旧工事がつづいていて、先日の台風でも再び土砂に埋もれたりもしたようです。写真でもわかるように、道路のセンターライン(そもそも林道にそんなもの必要か~?)まで崩落してたりします。biratori-nikappu

 今回はプロ用測量機器を持込んでの地すべりの土量計測が目的です。YさんとSさんという専門家の測量の指導を受けながら地滑りの断面を一日かけて登ったり降りたりしてました。
biratori-nikappu02

 いつもいつも今回のような精密な調査はできませんが、会にとっても開発を進める側の基準に近い形でのデータがとれました。
 帰宅は9時半、とにかくアウトドア三昧の三連休でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月21日 (水)

怒涛の三連休 -その2-

050918_sake01













050918_sake03

050918_sake02

9/18(日)
 午前中はチャランケ-アイヌのサケを迎える儀式-に参加。
 旭川アイヌ協議会と大雪と石狩の自然を守る会で実行委員会をつくって毎年行っているものです。
 儀式のあとには、石狩なべと炭火で焼いたサケが振舞われました。しっかり塩が効いた新巻は、切り身に塩を振りかけただけのサケにはないうまみが出て、美味でした。グリーンフォーラムの子供たちは、柳の枝で弓矢をつくって的あて大会。私もこういう平和的な飛び道具なら大好きなので、一緒に楽しみました。
 ことしはどのくらいのサケが戻ってくるのでしょうか、楽しみです。サクラマスにも戻ってきてほしいなぁ。

 午後は守る会のサケの産卵床調査。
 愛別の頭首工が新しく作られているのですが、古い頭首工を撤去するということで、現地を見に行きました。
 その後で産卵適地の調査。帰るころにはもう辺りは暗くなり始めてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月20日 (火)

怒涛の三連休 -その1-

050917_ginsen01

9月17日(土)
怒涛の三連休は紅葉の大雪山から始まった。
マイカー規制が始まり、シャトルバスが運行されるので、銀泉台から高原温泉までの縦走が組み立てられるのである。6時半すぎに大雪ダムの駐車場到着。2本目の7時のシャトルバスで銀泉台へ。昨年の記事と比べてもらうとよくわかるけれど、紅葉は昨年より1週間から10日くらい遅いのではないだろうか。第一花園の紅葉はまだ3~4分といったところ。第2花園~第3雪渓、白雲の小屋~緑岳山腹の斜面が見事な紅葉だった。高原沼は遠目からすると高原沼などがちらほら、今週はかなりもの足りないだろう、といった感じ。
旅行会社のハイキング(いや、軽登山)ツアー定番の高原温泉緑沼、銀泉台の決められた日程を崩せないコースではかなり残念なかんじ...かな。
個人的にいえば、やはり、良心的なガイド(個人営業、団体、会社を問わず)のプランで楽しむのが一番ではないでしょうか...

紅葉本番です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »