« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

2004年10月25日 (月)

災害列島

 今度は地震...
 日本はどうなっちゃうんだろう。中越地震の被災の状況をテレビで見ていて暗澹たる気持ちになっている自分に気づいた。

 猛暑、台風、地震、被災による異常な農作物の値上がり。まるで江戸時代の三大飢饉ではないか?
 政府はいったい何をやっているんだ!?まる一日経っているというのに、にぎりめしひとつ食べることのできない被災者が映し出されているというのに!阪神淡路大震災の教訓は生かされていないというのか。
 たとえば、全国のコンビニに卸されるおにぎりを、パンを、その一部を買い上げてヘリで運ぶことはできないのか。
 自衛隊があれだけテレビには映し出されているけれども、消防はほとんど映し出されない。救助は消防の役目なのにそれだけの人員などの体制が今の消防からは奪い取られてしまっているのではないのだろうか。消防こそが災害救助の部隊でなければならないんじゃないだろうか。
 もちろん、自衛隊だって、存在しているからには働いてもらわなければならないけれど、あの寸断された道路の処置や給水、それこそが自衛隊の得意な分野ではないのか。自衛隊は、軍隊=戦争のための部隊である。もしも万万万が一戦時であったとしたら、災害救助なんか放っておいて、戦争をする舞台なのだ。その自衛隊なしには災害時の救助すらできないというのであれば、それは憲法違反なのではないか?
 イラクでは自衛隊の宿営地で、宿舎を飛び越えて砲弾が着地したという。被害が出ていないから安全などとは言わせない。いつ宿舎へ、そして隊員が銃弾を受け、そしてイラク人に銃を向けてもおかしくない状態だ。今すぐにでも撤兵して日本で、日本人と日本の国土を守らねばならないのではないのか。

 マスコミも政府の発表の垂れ流しではなく、もっともっと自分たちの目と足で報道して欲しい。
 被災者が何を望んでいて、なにが不足しているのか、どんな対策を採ることが可能なのかを政府が、国民が何をなすべきかを主張して欲しい。

 いま、これを書きながら、やりきれない気持ちでいっぱいです。
 自分も含めて、もっと日本人はこの国を良くするために考え、行動しなければならないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 5日 (火)

昨日のお約束 + おまけ

カミホロ荘周辺
webup.jpg

帰宅すると息をのむような夕焼け、石狩河畔にて
webup2.jpg
ちなみに写真の人物はpyonpyonではありません

今日も秋を満喫させてもらいました
webup3.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 4日 (月)

のんびり~紅葉三昧

相変わらずの紅葉三昧。先日はpyonpyonは仕事で十勝岳方面は来ていないので。連れて来なかったら恨まれるだろ~な。というわけで白銀荘からの散策も加えたりして楽しんできました。
写真はデジカメでもいっぱい取ったけど、先日の写真をプリントに出す都合で明日になってしまうのが残念です。
今日の温泉は白銀荘。帰りにはpuuでお茶。シフォンケーキ品切れで残念だったけど、キャラメルラテおいしかったです。今度は食事もしたいですね。Q'sCafeでケーキ買って帰宅しました。
日が落ちるのが早くなったのには驚きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 2日 (土)

高原沼も今年は最後かな

kougen01.jpg
高原温泉駐車場周辺
kougen09.jpg
こちらも
kougen06.jpg
まだ紅葉のトンネルの中を散策できます
kougen07.jpg
こういうのもこの時期ならではの楽しみです
kougen08.jpg
ヤンベ温泉付近

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »